ブログ

ブログ詳細

madre図書館②


iphone 061 

 『食べ物は色で選ぶと病気にならない』  石原 結實 著 (成美堂出版)

 

YOSAに入りはじめた頃にサロン仲間から教えてもらった一冊です。

医学博士である石原氏は、『体温を1℃上げれば人生が変わる病気が治る』など多数の著書もあり、

体温を上げることの重要性を提唱した第一人者的存在です。

 

それまでの私は、食べ物を選ぶときの基準は、カロリーと好みだけ。

時々、多めに野菜を摂ると、ヘルシ~な気分に浸っているような、それはお粗末な食生活でした。

食べ物に、身体を温めるものと冷やすものがあるなんて、初耳!

なんで誰も教えてくれなかったのーーーー!!!!!と嘆きました。

 

いや!人生に遅すぎることなんてない!!と気持ちを入れ替え、読み進めました。

食べ物っておもしろい!食べ物って不思議!!

 

この野菜がこの土地で取れる理由。

この果物がこの時期に取れる理由。

住んでいる場所で食べるものが違う理由。etc・・・

 

四季に恵まれた日本で生まれ育ち、春には青々とした菜の花やそら豆、

暑い夏にはきゅうりやナス、実りの秋にはお芋やごぼう、厳寒の冬には大根や白菜・・・

自然はちゃんと必要な時に満を持して実りを迎える。

それを私たちはありがたくいただく。

なぜなら、私たち人間も自然の一部であり、自然そのものだから。

 

そんな自分なりの納得ができたときから、それまで疎遠になりがちだった和食というものが

とっても愛おしくなりました。

和食で使われる、味噌・醤油・塩をはじめ、ごぼう・人参・レンコン・ネギ・しょうが・小豆・黒豆・そば・海藻・佃煮・・・

みーんな、身体を温めてくれる食材です(*゚▽゚*)

 

いまではもう、身体を温める食べ物と冷やす食べ物の見分け方はしっかり頭に叩き込みましたから!

大きく分けて3つの見分け方

・色が濃いもの(黒・赤・橙色など)vs色が薄くて寒色系(白・青・緑)

・北方(寒いところ)でとれるものvs南方(暖かいところ)でとれるもの

・根菜vs葉菜

 

どれも前者が身体を温めてくれる食材です。

 

でも、食事もやっぱりバランスが大事!ですので、いろんな食材をまんべんなく摂るのが1番♪

ただ、冷えている私たち現代人はちょっと意識して身体を温めてくれる食材を多めに摂りたいですね。

わかりやすく、毎日の食事に取り入れやすいので、是非ご一読を~(^O^)

 

 

YOSAPARK madre

住所 〒144-0052 東京都大田区蒲田4-32-6
営業時間 10時~21時
電話番号  080-7030-1246
定休日 不定休
アクセス 京急蒲田駅より徒歩3分 JR/東急蒲田駅より徒歩5分
当店のfacebookはこちら
http://on.fb.me/1FbCI1I
  • facebook
  • twitter
  • mixi